七田教室について

21世紀が求める人材を育成します

幼児の頃から知識を教え込むのが幼児教育であると思われている方も多いようですが、七田チャイルドアカデミーは心の発達を一番大切に考え、子どもが本来持っている能力と好奇心を引きだしながら、七田ならではの「あそび」の要素をふんだんに取り入れたオリジナルプログラムで、楽しみながら育てていくことを目的としています。
年齢を重ねても右脳の能力が失われることなく、才能をいかんなく発揮できるようにすると共に、右脳・左脳をバランスよく育て、豊かな個性や感性、創造性や人間性を備えた21世紀が求める人材を育成します。

認めて ほめて 愛して 育てる

感性が豊かで創造性の高い、個性溢れる子どもに育つためには、幼い頃から「自分」が受け入れられ、認めてもらえる環境が欠かせません。七田式教育は、子どもを認めて、ほめて、愛して育てる具体的な方法を指導し、親子が一緒になって実践していきます。

右脳と左脳の特性を生かした幼児教育

nou
無限の能力を引き出すには、右脳と左脳の両方をバランスよく使う必要があります。直感の「右脳」と、論理の「左脳」。七田式では両方の脳を活性化することでバランスよく働く土台を築きます。

脳の成長に合わせたアプローチ
hattatu
年齢 優位脳 取り組みのポイント
胎児期 右脳 愛情たっぷりで語りかけ、タッチングをしてあげましょう。
お腹の赤ちゃんもしっかり感じているのです。
0~3歳頃 右脳優位 五感を通した刺激が脳の栄養になる時期です。
大量な情報(絵や文字、歌や言葉など)を子どもの楽しめるリズムやテンポで入力してあげましょう。
入力量に比例して、子どもの能力がアップします。
3~6歳頃 右脳→左脳へ移行 右脳で感じたこと(ひらめきやイメージなど)を表現していく時期です。教室では、イメージ作文、俳句、イメージ画など創造力を育む取り組みをしていきます。
また、入力したものを定着させていく時期でもあります。
プリント等を通して、能力の定着をはかります。
7歳~ 左脳優位 大きくなっても、右脳と左脳をバランスよく使えるように、記憶・速読の訓練などをしていきます。
また夢や目標を持ち、中学・高校、それ以降の社会貢献に向けた志が育めるような人間学(人としての生き方)を学びます。
ページ上部へ戻る